不眠症を改善して爽やかな朝にするために必要な改善

不眠症対策

不眠症を改善するためには、まず不眠症の原因をつかむ必要があります。

 

  • 眠りたいのに眠れない!
  • 寝てもスグ目覚めてしまう!
  • 明日は大切な用事があるのでしっかり眠っとかないとまずいのに眠れない!

不眠症の悩みは辛いです。

日本人の5人に1人は不眠症です

不眠症だと朝起きてもダルイし気分もスッキリしません。
昼間もボーとして集中力が無くミスも増えてしまいます。
不眠症は頭だけでなく肌や美容にも影響してしまいます。

 

睡眠は健康的な生活を送る上で必要不可欠な要素ですが、
技術革新が進んだ現代人は睡眠を疎かにしています。

 

日本人に至っては5人に1人が不眠症の現状です。
人生の1/3は睡眠です。

 

本サイトでは健康を維持するために絶対必要な睡眠を多角的に分析し不眠症を改善していきます。
毎朝、気持ち良い朝を迎えられるようにして行きましょう!


効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

爽眠α

朝まで熟睡!寝起き爽快したいなら♪【爽眠α】
L-テアニンが起床時の眠気疲労感を軽減!
機能性表示食品[L-テアニン]が安心の睡眠をサポート!
爽眠αを試した86.7%の方から満足のお便り
初回特別1,950円 ※74%OFF(通常購入7,500円)

爽眠α


ピースナイトピースナイト

心地よい休息を求める40代からの女性に♪
「更年期」だからこそ、今までよりぐっすり眠りたい方にキッコーマンから幸せな休息サポート!
脳にも存在するGABAを中心に緑茶にも含まれるテアニンパッションフラワーナツメなどリラックス成分を贅沢にを配合!
定期初回2,730円 ※50%OFF(通常購入5,640円)

ピースナイト(キッコーマン)

GOOD Night27000

朝までしっかり睡眠をサポート!
特許成分「ラクティウム」他、
睡眠に必要な成分27,000mgを高配合!
「テアニン」6,300mg、「グリシン」7,380mg、GABA、ラフマ、トリプトファン、カモミールなど睡眠に必要な成分を豊富に配合!
期間限定初回990円(通常購入6,000円)

GOOD Night27000


ネ・ムーン プラス

安眠を取りながら美肌も手に入れたい方に!
休息の質を支えるクワンソウ、グリシン、トリプトファン、GABAたっぷり配合!
休息中の身体を回復させるレスベラトロールも含まれていて休息サポート回復サポートW快眠効果!
定期初回2,750円 ※50%OFF+送料無料

ネ・ムーン プラス

不眠症を改善するために不眠症の原因と改善を検証する。

不眠症を改善するには、まず不眠症の原因を正確に知ることが大切です。
不眠症の原因になりやすい事例を見ていきます。

 

生活リズムが不安定

不眠症,改善

生活リズムが乱れていては安眠できません。

 

生活リズムが乱れた日々を過ごしていると「脳がいつ眠りに入れば良いのか」わからなくなってしまっています。

 

原始時代は太陽が昇って沈む「生体リズム」から始まり、集団生活の「社会リズム」になり、最後は個人の「生活リズム」に落とし込まれていました。

 

しかし現代社会では「社会リズム」が急速に発達したため、夜中まで仕事したりTVを観たりする方などで「生活リズム」が乱れやすい状況となっています。

 

生活リズムが乱れると当然、睡眠に影響を及ぼし、しまいには不眠症になってしまいます。
不眠症を改善するためには、まずは生活リズムを整えるのは重要です。

 

精神的ストレス

不眠症,改善

睡眠は体も休んで細胞の活性化を行いますが、もっと大切なことにを休ませて脳細胞の活性化を行う働きがあります。

 

人間は起きている以上、脳は働き続けていますので、睡眠が無いと脳が休まる時間がありません。

 

しかし精神的なストレスがあると、脳は興奮状態のままで睡眠に入れなくなってしまいます。

 

そのため、不眠症になると毎日脳が活性化されないので、良い仕事もできなくなります。良い仕事をするためにもしっかり休息して、不眠症を改善しましょう。

 

肉体的ストレス

不眠症,改善

日中、激しいスポーツ肉体労働をした後は夜になっても神経は興奮状態を維持したままで落ち着かなく眠れない状態になってしまいます。

 

こうなったらまず精神を落ち着かせる必要がります。
マッサージやストレッチで体中の血行を良くしてリラックスした気持になってくれば精神も落ち着いて来ます。

 

ゆっくり温めのお風呂に入って精神と肉体の両方をリラックスさせるのも効果的です。
特に普段から肉体的なストレスが多い方は、自分なりのストレス解消方法を考えましょう。

 

睡眠を弊害する行為

現代人は知らず知らずの内に睡眠を弊害する行動をしてしまっています。
便利な時代になった技術ですが、睡眠に取っては邪魔なテクノロジーが増えています。

 

寝る前にTVやスマホを使っている!

睡眠の重要な要素である「メラトニン(睡眠ホルモン)」は、強い光を浴びると分泌が阻害される。

 

就寝前にカフェインたアルコールを摂取している。

カフェインはアドレナリンの分泌を促す働きがあるので、興奮状態になり眠りに付きにくくしています。
アルコールは体内で分解されるときに発生するアセトアルデヒドが、レム睡眠を妨害して熟睡できなくしてしまいます。

 

他にも、

  • 日中の運動不足
  • 日中、太陽に当たっていない

なども熟睡できない要因になります。
知らない内に行っている「睡眠を弊害する行為」はまだ他にもたくさんあります。

 

本サイトでは不眠症の原因を多角的に分析すると共に不眠症改善方法を説明しています。
参考にして頂いて、みなさんが気持ち良い朝を向かえられるお手伝いをしています!

不眠症と脳の関係から不眠症を改善する!

不眠症対策・改善

不眠症には、様々な原因が知られていますが、その中の1つに、脳神経の影響があります。

 

不眠症は、眠れる時間に眠れない症状を指しますが、そこには脳の神経伝達物質の作用があります。

 

神経伝達物質には、起きている時に分泌されるものと、眠るために分泌されるものとに分かれています。

 

ストレスなどの原因によって、眠るときに興奮状態が続いたような場合には、
起きているときに分泌される神経伝達物質が多くなってしまいます。

 

このために眠れない状態に陥ってしまい、悪化すると不眠症になってしまいます。
不眠症の改善としては、日中に身体を動かすことにより無理にでも起きているときの物質、具体的には、ドーパミンアドレナリンを出すことが効果的となります。

自律神経失調症が原因の不眠症の場合も

また、不眠症は自律神経失調症の場合には、とても多いことでも知られています。
自律神経失調症は、副交感神経の機能が低下することによって引き起こされる症状を指します。
これによって、入眠困難中途覚醒早期覚醒などの症状を現します。

 

自律神経失調症の改善としては、交感神経の興奮を抑えることが効果的です。

  • 昼間に興奮しすぎないこと
  • カフェインを取らないこと
  • 寝る準備を意識的にする

などを上げることができます。


不眠症から発生する様々な病気の怖さから不眠症を改善する!

不眠症対策・改善

不眠症から発生する病気には主にメンタル面にきます。

 

集中力の低下や免疫力の低下、自律神経失調に陥りやすく、うつを発症しやすくなります。
また、無呼吸むずむず脚症候群にも睡眠障害の原因となります。

 

不眠症の怖さは、それだけにとどまりません。

 

毎日眠れないと返って眠れない怖さ!というのが、ついて回るようになります。
加えて不眠症になると、全体的な体の免疫力が下がり、風邪などの病気にもかかりやすくなるので注意が必要です。

睡眠障害の3つのタイプ

睡眠障害には、大きく分けて三パターンあります。

寝付きが悪い
早朝覚醒
断眠

 

早朝覚醒は、朝まだ起きなくていい時間に起きてしまい、それから眠れなくなることです。
断眠は、中途覚醒が続いて睡眠不足に陥ってしまうことです。

 

原因はストレスや生活習慣の乱れも考えられますが、病気を発症してから不眠症に陥るケースもあります。
わかりやすい例えでいうと、アトピーなどのかゆみで眠れないという場合もあります。

 

また、腎臓や前立線肥大などの病気からも不眠症になりやすくなるので、深刻な場合は放っておかずに医師のアドバイスを聞きましょう。
昼間は十分な活動をし夜はリラックスタイムを設け、なるべくストレスを取り除くことが不眠症の改善にもなります。


不眠症の原因として寝る前のパソコン・スマホから不眠症を改善する!

不眠症対策・改善

スマホやパソコンの画面から出ているブルーライトの光は、実は不眠症の原因の一つとして考えられています。

 

というのも、このブルーライトの光は波長が短い光であり、より目に負担を与えやすいといわれています。

 

パソコンやスマホを長時間使用していて、目が疲れてしまうというのはこれが原因なのです。

ブルーライトをカットするパソコンメガネで不眠症対策

不眠症,改善

ブルーライトの光から不眠症を改善するためには、最近ではブルーライトをカットする効果のあるパソコンメガネという商品も売り出されています。

 

日常的にパソコンやスマホを使用する時間が長い方は、ブルーライトを遮断するパソコンメガネといった商品を購入しても良いでしょう。

寝る前の1~2時間はパソコンやスマホを控える

不眠症,改善

さらに、不眠症の改善としておすすめしたいのが、寝る前の1,2時間はパソコンやスマホの使用を控えるということです。
よく寝る直前までスマホを操作しているという人もいますが、これこそが不眠症の大きな要因となるのです。

 

せっかく脳を休ませるために眠ろうとしているのに、直前に脳を緊張状態にしてしまっては全く意味がないのです。
不眠症を改善したいという人は今一度、この点についてチェックしてみましょう。

 

ブルーライト対策メガネだけではスッキリできなかったら

ブルーライト対策専用のサプリメントがあります。

【クッキリン】ブルーベリーの14倍のポリフェノール効果

 

【ブルーライト対策サプリ「クッキリン」の特徴】
 (1)ポリフェノール含有量が桁違い!ブルーベリーの14倍!
 (2)抗酸化力が桁違い!ブルーベリーの5倍以上!
 (3)クッキリにやさしい3成分、ルテイン・ビタミンC・プロポリスを配合!

 

▼ブルーライトによるダメージが心配なj方に▼

クッキリンクッキリン

>>今なら初回限定980円(57%オフ)でお得です!!<<


不眠症とタバコ(喫煙)の関係から不眠症を改善する!

不眠症対策・改善

不眠症の原因のひとつとして、タバコがあげられます。
タバコには、ニコチンが含まれています。

 

ニコチンの刺激は強く、吸ってから十秒以内に脳に到達し、アドレナリンの分泌を促します。
アドレナリンには、脳を覚醒させる働きがあります。
そのため、タバコを吸うことが不眠症の原因になってしまいます。

就寝前の禁煙から始めてみる

不眠症,改善

喫煙するによって、体が眠るためのモードから活動するモードに切り替わってしまいます。
安眠を得たいという方は、就寝前の一服を避けた方が賢明です。
喫煙の習慣のある方は、不眠症の改善として禁煙を考えてみると良いです。

 

就寝前に禁煙を避ければ良いと考えるかもしれませんが、ヘビースモーカーの方の場合、ニコチンが切れると目が覚めてしまうという状況になります。

 

ニコチン切れで目を覚ますといった事態を避けるためには、禁煙をするのが一番です。
いきなりの禁煙はハードルが高いですかもしれません。
まずは不眠症改善として、1日の本数を減らすところから始めてみると良いでしょう。

 

↓↓不眠症改善サプリで不眠症の対策を試してみるならココ↓↓

不眠症解消

>>効果とコストを考慮した不眠症改善サプリはコチラから参照できます!<<


【不眠症改善サイト】関連情報