不眠症が原因で頭痛に悩まされる方の改善方法

頭痛や吐き気による不眠症の改善の悪循環を断ち切るには!

不眠症

日常的な身体の疲れによって、頭痛吐き気めまいなどの症状が出てしまい、同時に不眠症に陥ってしまうケースがあります。

 

それらの全ては不眠症を解消することに専念することで解消することが可能とされています。

 

しかし中には不眠症のような症状が出てしまう方も存在するので、その結果として疲れを余計に蓄積させてしまうことになるために悪循環になってしまうこともあります。

不眠症改善に効果的な5つのこと

不眠症,頭痛,改善

不眠症改善で一番重要なことは、生活のリズムを崩さないことが重要になってきます。
そしてできるだけ規則正しい生活を送ることが何より大切です。

 

特に夜間については一定の注意が必要になります。

お風呂の照明は暗めに

例えば浴室に入って身体を温めることは良い方法になります。
また寝室に入った場合では照明器具などの明るさを、できるだけ暗めに設定しておくことも良い方法です。

身体を動かす

就寝の数時間前にはストレッチなどを行って、身体を動かすことも効果的とされています。

サプリメントの利用

また、現在では非常に便利な時代になっていて、不眠症を解消するためのサプリメントなども用意されています。
このようなものも試してみることもおすすめです。

テレビ・スマホは控える

大きな音やテレビなどの映像に関しても、就寝前には自粛することも効果的です。

飲食は控える

寝る前にはできるだけ余計な飲み物や食べ物の摂取を控えることも必要です。

不眠症が原因の偏頭痛と偏頭痛の解消方法

不眠症,頭痛,改善

日本人は働き過ぎと言われています。
会社員の方は毎日通勤して働いていますので、通勤に時間がかかったり、残業が多いことがあります。

 

そうすると帰宅時間が遅いのが恒常化している方も多いと思います。
帰宅時間が遅くて、出勤時間が速くては睡眠時間が取れないのが自明であり、慢性的な不眠症に陥ってしまっている方も多いです。

 

週末の休日などに昼寝などを行って、上手に調整することを行っている方もいますが、慢性的に不眠症となっている方の中には後頭部などに頭痛を感じることがあります。

不眠症による偏頭痛の解消方法

不眠症,頭痛,改善

この後頭部周辺の頭痛は偏頭痛と呼ばれることもありますが、改善方法で一般的なのは、後頭部を冷やすことが良いとされています。

 

例えば蓄冷材を冷凍庫で十分に冷やした状態のものを用意しておきます。そういったものを偏頭痛が始まった時に利用する方法はオススメです。

 

ドラッグストアなどには蓄冷材と同じような効果を持ったシートが販売されています。
こういったものを利用することでより使いやすくなっています。
偏頭痛が始まってからは十分に冷やした後に安静にすることが必要です。

不眠症を改善する

不眠症,頭痛,改善

加えてそもそもの原因が不眠症の恒常化にありますので、この改善が重要です。

 

睡眠時間を長く取れれば簡単ですが、会社までが遠かったりすると簡単には睡眠時間は確保できないと思います。
そんな時は睡眠時間に着目するのでは無く、睡眠の質に着目して改善を講じて行った方が良いです。

 

例えば寝具の枕や布団、寝間着などを見直すことも効果がありますし、寝る前の準備も重要です。
帰宅が遅くても帰宅後に夕飯を食べているようでは胃が働いていてはゆっくり熟睡することはできません。

 

本人が最適な環境で熟睡できるような環境を構築していくことが重要です。
特に夏の暑い季節は苦しくて健康な方でも不眠症になりやすいです。
そのため空調管理をしっかりと行い注意することが必要です。

頭痛に悩まされていたら、まず疑うのは睡眠の質です。

不眠症,頭痛,改善

普段何もしてなくても、ジワジワとやってくる頭痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

頭痛の痛みがやってきた時の治し方の定番といえばです。
痛み止めを飲む事によって暫定改善を取る事はできます。
しかしながら、薬による対応はあくまでも一時的なものにしか過ぎません。

 

時には頻繁に頭痛がやってくる事もあります。その度に痛み止めを飲んでしまうと、薬も効きにくくなってきてより強い薬が必要になってしまい健康面にも悪影響が出てきます。

頭痛を解消するには不眠症を改善すること

不眠症,頭痛,改善

健康である為にも根本的な部分から治すようにする事が大切ですが、その為のポイントの一つとして、不眠症改善が挙げられます。

 

睡眠というのは人間にとって非常に重要な機能であります。
不眠症になってしまうと副交感神経の反射というものが起きてしまいます。

 

それによって血管が膨張して痛みを発生させてしまう事があるのです。副交感神経の反射といった状態を予防する為には、しっかりと眠る事が大切になります。

 

しかしながら、睡眠はただ単に眠れば良いという訳ではありません。
睡眠は量よりも質が重要です。いかに質の良い眠りを取るかという事が大切になります。

 

質の良い眠りを取る為には規則正しい時間に眠る事が大切です。
さらにリラックスして眠れるように環境を整えたり、深酒をしないなどの日々の改善も大切になります。

不眠症による頭痛を和らげるツボ(合谷)を利用する方法

不眠症

不眠症は健康に様々な悪影響を及ぼしますが、頭痛もその一つの症状です。

 

頭痛の症状は本来ならリラックスしている時間帯に、交感神経が働いてしまい、交換神経が働くと体の緊張状態が続いてしまうので、首や肩が凝ってしまい、結果的に頭痛の症状が引き起こされてしまいます。

 

不眠症による頭痛の対処法としては、肩や首筋の緊張をほぐして血行を促進させます。
そうすることで、痛みを感じさせる原因物質を排出する必要があります。

方法としては、

  • 鎮痛薬を服用して痛みを和らげる方法
  • ツボを押すことで痛みを和らげる方法

といったものもあります。

頭痛に効くツボとは

不眠症,頭痛,改善

ツボを押す方法は血行促進にもなり、薬も使ってないので健康的にも良いのですが、ツボはピンポイントで押す必要があり難しい面もあります。

 

ただピンポイントで押すことが難しい場合でも、コリや痛みがある筋肉の周辺をゆっくりと押すことでも症状を軽減できます。

 

ツボを押すためには位置を知ることが大切で、押す場所によって効き目が変わるので、間違えてしまうと効き目はなくなってしまいます。

 

一般的に知られているのは合谷(ごうこく)というツボで、手のひらの親指と人差し指の間にあります。
この合谷を軽い力で押すと、痛みが改善され緊張を和らげる作用があると考えられています。

 

また入浴などをして血行の良いときに首の周りの筋肉をほぐすことで痛みが改善されます。
またお灸などを用いてコリのある部分の血行を良くすることでも症状を改善することができます。

不眠症になると脳の血流が悪くなり頭痛が発生しやすく注意が必要!

不眠症

不眠症は体にいろいろな症状を招いてしまいますが、その典型的な症状として頭痛があります。

 

なぜ、不眠症が頭痛を招いてしまうのかというと、睡眠は脳を休ませるために必要不可欠ですが、不眠症の日々が続いてしまうと、脳を休ませることができなくなってしまうからです。

 

脳は休みたいのにもかかわらず、なかなか休むことができない状態が続いてしまうと脳の血流が不足してしまい脳へのストレスになってしまいます。

 

そのため、脳の血流が悪くなり血管や神経にも影響を及ぼしてしまいます。
頭がぼんやりしたり、なかなか頭が働かなかったりと脳へのストレスがかかります。
それが原因となって、人によっては片頭痛のような痛みが生じてしまうケースがあります。

不眠症による脳のへの負担を軽減する方法

不眠症,頭痛,改善

不眠症が原因で起こる、

  • 頭がぼんやりする
  • 頭の働きが悪い
  • 頭に痛みが生じる

といった症状の治し方は、元凶である不眠症を補うのが一番です。
不眠症を解消するために、仮眠昼寝などを取って少しでも脳を休ませることが大切です。
仮眠や昼寝などができない場合には、少しの時間だけでも目を閉じるだけでも脳を休ませることができます。

仮眠や昼寝の効果

不眠症,頭痛,改善

目も起きているあいだ中、ずっと働いています。眼球の周りには神経も集中しており目が疲れて頭痛が併発するケースもあります。

 

仮眠や昼寝を取ることは、目の疲れを取るのにも効果的です。

 

睡眠は量より質が重要と言われているように、睡眠時間を取り過ぎてしまっても問題になります。
睡眠を取り過ぎてしまい、頭が逆に冴えなくなることがあります。
また頭痛を引き起こすケースもありますので睡眠には注意が必要です。

効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

↓↓不眠症改善サプリで不眠症の対策を試してみるならココ↓↓

不眠症解消

>>効果とコストを考慮した不眠症改善サプリはコチラから参照できます!<<

page top