子供の夜泣きで不眠症にならないための対策 | 不眠症と育児

子供の夜泣きで不眠症にならないための改善

睡眠不足,夜泣き,対策,子供,幼児

子供が夜泣きをするため、不眠症になってしまうお母さんはとても多いです。

 

特に夏場は大人も寝付きにくいのに、体力の無い幼児にとっては余計に辛いです。

 

お母さんにとっては自分の不眠症に加えて、子供の夜泣き対応で体力が減る一方になってしまいます。

子どもの夜泣きによる不眠症の改善方法

安心させてあげること

そんな時の一番の改善は、子供が泣いている時はとにかく安心させてあげることが大事です。
例えばベビーベッドなどで一人で寝かせている場合に夜泣きがひどい時があります。そのような時には、抱っこをしてあげたり、一緒に添い寝をしてあげるだけでも静かに眠ってくれることがあるのです。

空腹を満たしてあげる

さらに、新生児のうちはお腹がすいて泣くことも多いです。
もちろんおっぱいやミルクをあげるのもいいですが、

  • 白湯
  • 麦茶

などいつもとは違う味のものを飲ませることで落ち着いて寝てくれることもあります。
しかし、白湯や麦茶はいきなり与えてしまうと子供もびっくりしてしまいます。
そのため、事前に少しずつ与えておくことも必要です。

日中に疲れさせる

さらに、日中に疲れさせることも一つの手です。
特に新生児は、ベビーカーに乗って外を散歩するだけでとても大きな刺激となります。
外の風に当たったり、日光に当たるだけでも身体は疲れてしまうものです。
そうなると、自然に夜に寝てくれるようになります。

子守唄を歌ってあげる

また、子守唄を歌ってあげることでも落ち着かせることができます。
このようなことをするだけで、お母さんの不眠症解消に繋がります。

子供の夜泣きで不眠症になると仕事もうまく行きません。

睡眠不足,夜泣き,仕事,イライラ

赤ちゃんの夜泣きがひどいと、お母さんは眠ることが出来なくて不眠症になってしまいます。
不眠症が続いてくると、仕事をしていてもイライラしますし疲労も溜まってきます。

 

夜泣きは、夜中に赤ちゃんが泣くことではなく、正確には原因がない号泣のことをいいます。

なぜ夜泣きをするの?

要因として考えられるのは睡眠のリズムの発達過程です。
浅い眠りのときに目が覚めてしまうので泣き出してしまうと考えられています。

 

子どもは、「昼間経験したことを寝付いたあとに脳内で、もう一度リピートしている」と言われています。覚えている昼間のことが作用して泣いてしまうという意見などもあります。

 

また、歯が生える前後には機嫌が悪くなったり、ぐずったり、泣くのがひどくなったりすることもあります。

夜泣きの改善方法

不眠症,育児,夜泣き,対策

夜泣きは原因のない号泣なので改善も難しいですが、いくつか改善方法はあります。

 

朝起きる時間を同じ時間帯にして生活リズムを整えたり、起きたあとに太陽の光を浴びて夜は早めに部屋を暗くします。

 

こうすると自然の太陽を浴びることで朝を認識させて、部屋を暗くすることで夜を認識させることが出来ます。

 

他にも適度に疲れさせるために

  • 温めのお風呂に短い時間入れる
  • 部屋の電気を明るくする
  • ベランダなどに出たりする

といったことをして環境を変えることでも止まることがあります。

 

一番大切なのは、泣くことを真剣に悩まないで、泣いて当たり前ぐらいの態度で対応していくことです。
お父さんや他の家族などにも協力してもらいながら、大らかな気持ちで対応するのが良いです。

育児期間中のお母さんの不眠症の改善方法

睡眠不足,夜泣き,育児,改善

赤ちゃんが生まれたばかりの頃の母親は、育児には慣れというものは無いのも同然です。

 

当たり前のように、さまざまな身体的精神的に疲れというものが発生してしまいます。

 

赤ちゃんは基本的には眠っている時間が多いですが、お母さんの都合で眠ってくれる訳ではありません。

 

深夜に泣き出してしまったり、泣き出せばあやす必要もあります。
さらにミルクを与えたり、おむつを交換する作業も必要です。

 

そんな育児を行っているお母さんは、気が休まる時が無くストレスを抱え込んでしまう方が多いです。
中には育児のストレスが原因で、不眠症の状態が続いてしまう方も多くいます。

育児で溜まったストレスの解消方法

不眠症,育児,夜泣き,対策

不眠症の状態が長く続くと、さまざまな病気を発症してしまう可能性があります。
不眠症を感じたら早めに不眠症の原因になっているストレスの解消をする必要があります。

 

不眠症の改善方法としては、まず起床する時に室内に太陽光を取り入れることが大切です。朝は太陽の光で目覚め、生活のバランスを整えることが何よりも大切になります。

 

夜にはお風呂にしっかりと入ることも大切です。
お風呂に入る時は、蒸しタオルなどを利用して、目の周辺を温めてみてください。
一定のリラックス効果を得ることも効果が高いです。

 

機能的なサプリメントを利用することも良い方法になります。
日中などには上手に仮眠の時間を作ることを心掛けることも不眠症の解消に役立ちます。

育児中のイライラなストレスによる不眠症の改善方法

不眠症,育児,夜泣き,対策

出産が終わり育児が始まると、生活は赤ちゃんの生活リズムに合わせて行う事になっていきます。

 

新生児の間は、昼や夜といった感覚がありません。
そのためひたすら眠り、思わぬ時間に起きる事も珍しくありません。
そして、頭を悩ませる事になるのが夜泣きです。

 

夜泣きも最初のうちは可愛いと感じるものです。
しかしそれが続くと親の方が不眠症になってしまいます。
そして様々な事に過敏になってしまう心的ストレスを抱えてしまうお母さんは多いです。

 

親のマイナスの感情は赤ちゃんに伝わりやいものです。
そうするとますます夜泣きが増えてしまい悪循環となってしまいます。

周りの人に頼ることも大切です

不眠症,育児,夜泣き,対策

その為、子育てをしている間は少しでも心が穏やかな状態で過ごす事が大切になってきます。ただ不眠症の状態が続くと、そこまで考える余裕が無いのも事実です。

そんな時は、少しでいいから周りの人に頼ることをおすすめします。

1週間の中で半日でも良いので、リラックスして気持ちを落ち着ける時間を持ってみてください。

 

そうするとまずお母さん自身の生活リズムを整えることができます。
そして赤ちゃんに対してどう接していけば良いか、落ち着いて考える事もできて効果的です。

 

焦らず接していけば、夜泣きなどは収まり、赤ちゃんも昼夜の感覚も身についてきます。
大変だと感じたら、抱え込み過ぎる前に周りに助けを求める事が大切です。

産後の不眠症の効果的な改善方法!

睡眠不足,産後,対策,うつ,いつまで

産後は子育てや神経的な部分が敏感になってしまうこともあって普段は健康な方でも、不眠症ストレスに陥ってしまうことがあります。

 

子育てをしている最中は24時間にわたって赤ちゃんの様子を見る必要があり、気が休まる暇がありません。

 

神経質な方は夜中になかなか寝付くことができず、深夜または早朝を向かえてしまった方も多いです。

産後の不眠症の危険性

不眠症,育児,夜泣き,対策

産後に不眠症になってしまうと、普段の生活にも支障が出てきてしまいます。

 

まずゆっくり寝てないので脳が休んでおらず、普段の何気ないことでも正常な判断ができずにミスが増えてしまったりイライラが多くなったりします。

 

不眠症が長期的に治らない方の場合では「うつ病」に発展してしまった方も居ます。

産後不眠症の改善方法

不眠症がいつまで続くのかを不安視すると、不安が不安をよんでしまい悪循環が発生してしまいます。
そのため不眠症が気になりだしたら、早期に解決することが先決になります。
不眠症の改善として最初に行いたい方法は、一度「生活リズム」をリセットすることです。

朝は太陽の光を浴びること

まず辛くても朝の起床は通常通り早めに起きて、カーテンを開けて室内を明るくします。
朝の太陽を浴びることは体に朝を感じさせる意味でも自分の気分的にも重要なことです。
朝食もしっかりと摂取することが必要ですし、昼食から晩御飯も決まった時間に食べることが大切です。

昼は身体をできるだけ動かすこと

また、日中に時間を設けることができれば、軽く散歩に出掛けたり、
室内で体操を行ったりして身体をできるだけ動かすことも良い方法です。
昼間に身体が疲れれば夜は自然と眠たくなってきます。

夜はゆったりとすごすこと

夜間にはお風呂にゆっくりと入ることもおすすめです。
お風呂にゆっくり入ると肉体的にも当然良いですが、精神的にもリラックスすることができます。
そうすると落ち着いて就寝しやすくなります。

 

生活リズムのリセットは最初は大変です。
しかしズルズルと怠けていると不眠症は悪化してしまいもっと大変なことになってしまいます。
まず頑張って早起きから始めてみましょう。
そして日中はなるべく身体を動かして体を疲れさせれば自然と眠りに付きやすくなります。

産後の不眠症で頭痛に悩まされているのなら

睡眠不足,産後,頭痛,イライラ

産後は様々な面で不安定になる要素が多いです。
それは精神的にも肉体的にも加えて環境的にも言えます。

 

まず精神面ですが、産後は子育てに追われるため毎日が不眠症の状態が続いてしまいます。幼児の世話を完璧に行おうとすると神経は張り詰めた状態が続いてしまい、疲れが貯まる一方です。

 

肉体的にはホルモンの分泌が不安定になるため自律神経のバランスが崩れイライラしやすくなります。

 

そうしたストレスが日常続いて行くと、頭痛につながってしまいます。
頭痛が始まると寝付きも悪くなってしまうため、不眠症の傾向がさらに増して行ってしまいます。

 

そのため産後に不眠症や頭痛、精神的にイライラしてきたと思ったら、
一人で悩んでいないで、まずは周りの人に助けを求めましょう。

産後の不眠症や頭痛を改善するには周りの協力が必要

不眠症,育児,夜泣き,対策

子育ては母親一人でできるものではありません。
旦那さんはもちろんのこと、お互いのご両親にも協力を求めるべきです。

 

そうすることで、例え連日のように赤ちゃんが夜泣きをしたとしても、不眠症頭痛は解消されて行きます。

 

何かあった時に、周りの人が助けてくれるという安心感があれば、子育てにも余裕が出てきて乗り切ることができます。

 

最も悪いのは、子育てによるストレスを自分だけで抱え込んでしまうことです。
そうなると悪循環が進んでしまい、赤ちゃんの成長にも悪影響が出てきてしまいます。

 

お母さんが明るく元気でなければ、赤ちゃんはスクスクと成長できません。
お母さんの責任感が強いのは大切ですが、抱え込み過ぎて自爆してしまっては元も子もありません。

 

素直に周りに協力も求めて行けば、コミュニケーションも広がって好転していきます。

効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

↓↓不眠症改善サプリで不眠症の対策を試してみるならココ↓↓

不眠症解消

>>効果とコストを考慮した不眠症改善サプリはコチラから参照できます!<<

page top