肥満になる原因は不眠症と深い関係にあった!不眠症と肥満の関係

肥満になる原因は実は不眠症にあった!

不眠症,肥満,レプチン

あなたは仕事が忙しく眠れない時ほど太りやすいタイプですか?
忙しい時に体重が増えるのは、ストレスや運動不足の理由もありますが不眠症が原因の可能性もあります。

 

不眠症は心身の不調の原因となるだけでなく、肥満にも深い関係があることが解明されています。

 

不眠症が原因で太ると聞くと、夜遅くまで起きていて夜についつい間食をしてしまうからと思われるかもしれません。
でも実は不眠症による肥満への影響はもっと深いところにあります。

不眠症が肥満をもたらす理由

不眠症,肥満,レプチン

人間の体は食欲をコントロールするために、ホルモンが分泌されます。

 

食欲を増進させるホルモン(グレリン)は胃から、食欲を抑えるホルモン(レプチン)は脂肪細胞から分泌されています。

 

ところが、睡眠が不足してくると、これらのホルモン分泌のバランスが崩れて食欲増進ホルモンが強くなり過ぎるのです。

 

睡眠時間が短くなればなるほど、この傾向は強くなります。
つまり、長時間起きっぱなしの状態だと、通常よりも空腹を強く感じてしまいます。
そうすると必要以上に夜食を食べてしまうことにつながるのです。

 

繁忙期になると毎回体重が増えるという方は、ダイエットを成功させるために、
まず不眠症を解消する方法を考えることが早道かもしれませんので参考にして下さい。

不眠症でレプチンが減り、肥満の原因になってしまう真実

不眠症,肥満,レプチン

肥満になる原因は食べ物を食べ過ぎてしまうからです。
なぜ、そんなに食べ物を摂取したくなるかを考えたことはありますか?

 

不眠症に悩んでいる方は、実は肥満にも悩んでいる方も多いのが事実です。

 

不眠症の状態が続くと、寝ている時間よりも起きている時間の方が長くなってしまいます。そのため、必然的に食べ物を多く摂り過ぎてしまい、太りやすくなってしまうということが原因の一つにに上げられます。
しかし実は、食欲が増してしまう原因には人間のホルモンと深い関係があるのです。

不眠症になると空腹感を感じるホルモンが増える

不眠症,肥満,レプチン

人間の食欲をコントロールするホルモンは2つあります。

  1. 空腹感を感じるグレリン
  2. 満腹感を感じるレプチン

 

これらのホルモンは、しっかりと睡眠を取り、規則正しい生活をしている時には正常に働きます。
一方、不眠症が続いてしまうと、空腹感を感じるグレリンが増え満腹感を感じるレプチンが減ってしまいます。

 

そのため、通常の食事を摂っていても満腹感の感じ方が鈍くなってしまい、結果的に食事を多く摂ってしまうことにつながります。

不眠症による肥満の危険性と睡眠の必要性

不眠症,肥満,レプチン

これだけでも、肥満の原因になってしまうのですが、もっと睡眠時間が短くなると危険なことが発生しはじめます。

 

それは不眠症になると、食事の嗜好がポテトチップスやスナック菓子のようなジャンクフードなどの甘い物を好むようになり、ますます太ってしまう要因になります。

 

これとは反対に、睡眠をしっかりとると、成長ホルモンがしっかり分泌されます。
この成長ホルモンがしっかり分泌されると、身体の脂肪の燃焼やエネルギーの消費を高めるのです。

 

これによって、肥満を防ぐことができるようになります。
しっかりした睡眠は、健康を維持していくために無くてはならないのがよくわかります。

不眠症の改善にはトリプトファンを食事で摂取することも大切!

睡眠不足,食事,解消,生体リズム

不眠症は、持続的なストレスや不規則な生活などに起因する生体リズムの乱れが主な原因と言われています。

 

そのため、不眠症の解消には生活習慣の改善とともに、ストレスの緩和や生体リズムを整える効果のある食べ物を、毎日の食事でしっかり摂ることが有効といえます。

 

ストレス緩和に効果のある食べ物とは

不眠症,肥満,レプチン

たとえば、人間はストレスを感じると、副腎皮質ホルモンを分泌してストレスに対処します。このホルモンの分泌にはパンテント酸が関与しており、不足しないように摂取することが大切です。

 

また、カルシウムには、脳神経の興奮を抑える作用があります。不足しがちな方は積極的に摂ることで、ストレスによるイライラをスムーズに鎮める効果が期待できます。

 

パンテント酸を多く含む食べ物
  • レバー類
  • 魚類
  • たらこ
  • 納豆
カルシウムを多く含む食べ物
  • 小魚
  • 乳製品
  • 海藻類

上記のような食べ物に豊富に含まれているので、これらを積極的に食べるのはストレス改善になります。

生体リズムを整える効果のある食べ物とは

不眠症,肥満,レプチン

一方、人間の生体リズムは、脳内で働く

  • メラトニン
  • セロトニン

というホルモンの分泌量によって調節されています。

 

人間は、になって日光を浴びると、メラトニンの分泌量を減らすとともに、セロトニンの分泌量を増やして身体を覚醒させようとします。
逆にになると、セロトニンからメラトニンを合成してメラトニンの分泌量を増加させます。
そうすることによって体温や血圧、脈拍を下げ、身体が自然に睡眠に入れる準備をしています。

 

不眠症,肥満,レプチン

このため、不眠症の解消には、これらのホルモンを体内でつくるために必要なトリプトファンというアミノ酸を毎日の食事でしっかり摂ることが重要といえます。

 

トリプトファンを多く含む食べ物
  • バナナ
  • 乳製品
  • 大豆製品

これらの食品を毎日の食事に積極的に取り入れて行くと食事の面からも不眠症の改善に効果を期待できます。

食事抜きダイエットは精神的にも肉体的にも失敗する!

不眠症,肥満,レプチン

最近は健康ブームであり、ダイエットの経験もある人も多いのではないでしょうか?ダイエットの方法は人それぞれですが、共通して試されるのには食事制限があります。

 

特に食事の回数を減らす食事抜きダイエット方法を行えば、最初は大きく体重が落ちていきます。しかし、長期にこの方法を続けて行くと体重は落ちにくくなり、ただ食事を抜く方法には限界があります。

 

加えて極端な食事制限によるダイエット方法は、タンパク質の不足も招いてしまいます。筋肉が減少し代謝まで低下させてしまい逆効果になってしまう恐れもあります。

 

食事制限によるダイエット方法は肉体的だけでなく精神的にも疲労させてしまいます。
そうするとダイエット中は強いストレスを感じるようになります。

ダイエット中のストレスが不眠を招く

不眠症,肥満,レプチン

ストレスがあるとゆっくり熟睡することはできなくなってしまいます。これらのダイエット方法は睡眠にも大きな影響を与えます。

 

痩せるためには就寝前の食事を極力減らす必要があります。
しかし人間は強い空腹感の状態で寝ることは出来ないです。

 

またストレスによって、イライラしても熟睡は得られません。もし眠れたとしても、空腹から睡眠途中で眼が覚めてしまい、結果として不眠症になってしまうこともあります。
このように単純な食事抜きダイエットは肉体的にも精神的にもストレスを与えます。
そしてその結果ダイエット自体が成功しないケースも多いです。

不眠を招かない上手なダイエット方法

不眠症,肥満,レプチン

上手なダイエット方法は運動食事制限をうまく組み合わせることです。

運動方法

毎朝30分程度のウォーキングが行えればベストです。

食事方法

回数は減らさずに毎回のカロリーを少しずつ減らすようにすると効果的です。空腹で寝られない場合には、消化のいいものを少し摂取すると眠ることができ不眠症を補うことも可能です。

 

このように睡眠を犠牲にして痩せるのは健康的では無いですし効果も期待できないものです。
睡眠はしっかり取って健康的に痩せる方法の方が長続きしますので試してみて下さい。

効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

↓↓不眠症改善サプリで不眠症の対策を試してみるならココ↓↓

不眠症解消

>>効果とコストを考慮した不眠症改善サプリはコチラから参照できます!<<

page top