不眠症と目の疲れと目薬の重要性! 正しい目薬を使いましょう。

不眠症で目が乾き目の痛みの症状が出た時はどうする?

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

って悲しい時だけ流す物って思っていませんか?
確かに涙は悲しくて泣いているときや、痛みで涙が出る時もありますが、それ以外にも常に少しずつ分泌されています。

 

涙が分泌されることによって瞳の表面を潤わせ、その潤いによって眼球が外的な刺激から保護されています。さらに涙は同時に瞳に栄養を与える役割も担います。
涙は表面から、

  • 油層
  • 水分層
  • 粘液層

の3層からできていて、この3層が崩れてしまった時に潤いを保てなくなります。
そして瞳の表面が乾燥するドライアイ症状が起こり、目の痛みなど様々な症状が発生してしまいます。

不眠症はドライアイの症状を悪化させる

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

不眠症はこのドライアイの症状を悪化させる原因の一つです。

 

不眠症によってドライアイの症状が出てしまっているときには、とにかく身体を休めてあげることが一番です。

 

目は起きている間中ずっと働いているので、強制的に瞼(まぶた)を閉じて休めることが休養になります。

 

瞬き(まばたき)によっても、涙は少しずつ分泌され潤うようになっています。
そのため、まぶたを閉じている状態の時には目に蓋をしているのと同じ状態になり、瞳の表面が乾くことはありません。

 

睡眠時兎眼が原因の場合は眼科を受診すること

不眠症以外にも睡眠時兎眼(とがん)という目の病が原因でドライアイになって目の痛みを感じることもあります。
睡眠時兎眼症状は、乾燥を感じた時点で眼科を受診するようにしないと、結果的に角膜を傷つけたり、細菌感染したりして視力にも影響を及ぼす危険性がありますので注意が必要です。

不眠症と目の疲れと目薬の正しい利用方法

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

小さな文字を何度も目で見て確認するような仕事や、パソコンなどを長時間にわたって使用するような仕事の方は、目の疲れが発生しやすいです。

 

最近ではインターネットの普及やスマートフォンの活用で、業務だけで無くプライベートでも、ますます目にとっては疲れやすい状況になっています。

 

目の疲れが貯まり過ぎると目やにを始めとして、ドライアイや他の病気に発展してしまうことがあります。中には目の疲れによって不眠症の症状になってしまう方も居ますので注意が必要です。

目の疲れには目薬が効果的

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

目の疲れを改善させるためには、一番良いのは目を酷使するのを辞めることですが、業務などの場合は難しいですよね。

 

目の疲れを取る一般的方法としては、ドラッグストアなどで販売されている「目薬」を利用することが良いとされています。
ドラッグストアの目薬で目の疲れを改善できれば良いですが、

  • ドライアイ
  • 緑内障
  • 眼球のキズ

などの比較的重たい症状を持っている方の場合は、やはり眼科を利用して専門的な診察を受けた後に、処方される目薬を利用することがおすすめになります。

目薬を使用するときの注意点

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

目の慢性的な疲れから不眠症に陥ってしまっている方の場合では、目薬の種類によっては注意することが求められています。

 

一般的なメジャーな目薬の場合は問題無く、就寝前でも使用することができますが、中には就寝前に使用することによって、余計に睡眠できない状態に陥ってしまう成分が入っているものも存在しています。

 

不眠症に影響の出ない目薬を選ぶポイント

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

そのため自分でドラックストアで目薬を購入する場合は、薬の説明書を十分に読んでから購入する必要があります。

 

また市販されている目薬の中には就寝前に点眼することが推奨されているものも用意されていますので、自分の症状に合ったものを適宜選択するようにして下さい。

 

目薬の成分など不明な場合は、ドラッグストアでしたら薬剤師さんが常駐している所で相談した方が良いです。自分で購入するのが不安と感じたら、一度眼科に相談に行くのが得策です。

目に疲れ、めまいを感じたら不眠症の始まりです!

睡眠不足,目,めまい,吐き気,動悸

早く寝ないといけないと頭ではわかっているのに、なかなか寝付けないという経験は誰しもありますよね!

 

不眠症は目に疲労が溜まるため放置すると動悸吐き気めまいなどの症状を引き起こします。

 

睡眠にはとある程度の長さが重要です。
朝、なかなか起きることができないというのも、不眠症の症状の一つです。

 

少し歩いただけでも動悸息切れを感じていませんか?
一般的には毎日、7時間の睡眠が必要だとされています。

 

 

特に夏の夜の寝苦しい時期だと、10時間寝ても疲労が残ってしまうこともあります。
夏場は昼間の体力の消耗も激しいので、本当だったら睡眠でしっかりと回復したいところですが、逆に夜も寝苦しいので、夏場は危険がいっぱいです。

 

 

不眠症で悩んでいる方の中には、どう解決したいったら良いのかわからない方も多いと思いますが、まず睡眠の質の改善には睡眠の満足度が重要となってきます。
満足度7割以下という状態が続くようなら、病院へ行ってみることをお勧めします。

 

不眠症による不調状態が長く続くと、心と体の調子を崩し本当に病気になってしまいます。

 

医師から生活習慣の見直しを指示され、アドバイスを実践した人の中にはぐっすりと毎日快眠できるようになった人もたくさん居ます。
生活習慣の改善や処方された薬を適切に使うことにより、睡眠の質はコントロールできるようになります。

 

快適に眠って元気な毎日を過ごすためにも、日ごろの睡眠を大切にして行きたいですね!

不眠症を防ぐために目を覚ます方法で目を保護する!

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

不眠症を改善する方法はいろいろありますが、眠る前の方法ばかりに目を向けていませんか?

 

確かに寝る前に部屋を暗くしたり、ぬるま湯のお風呂にゆっくり浸かり身体も精神もリラックスすることは重要ですが、質の良い睡眠を取るためには、目覚めから改善して行った方が効果的です。

 

毎日の生活において目を覚ます方法を洗練させていくことで、不眠症になることを防ぐことが可能になります。

朝起きたら太陽光を浴びる

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

朝起きたばかりの状態では、目は完全には覚醒していません。
目を覚醒させるためには、太陽光の力を借りるのが有効です。

 

朝の太陽の光は、脳の活性化にも有効な働きをしてくれます。
寝る前にカーテンを開いておいて、朝になったら自然と太陽光線が部屋の中に差し込んでくるようにすると効果的です。

 

太陽の光の眩しさで自然と目が覚めるのが理想的です。
逆に部屋を暗くしておくと、再び布団に入って寝込んでしまい二度寝をして身体にも時間的にも勿体ないです。

不眠症改善には体内時計を正しく働かせること

不眠症,目,目薬,目やに,目の疲れ

朝の時間に太陽の光を感じることができれば、人間の体内時計がしっかり活動を開始するので、体が活動的になってきます。

 

朝の時間にしっかりと太陽の光を浴びるようにしていれば、不眠症になることも防げます。

 

体内時計が正しく働いていれば、朝の時間に極端に眠くなることもありません。

 

朝起きても眠気が少し残っている場合は、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を飲むと効果的です。
朝起きたらすぐに外に出て、散歩へ出かけて体を動かすことも有効な手段です。

 

起きてから本当に眠いのは10分ほどの時間です。
非常に眠い10分間を乗り越えれば、眠気はすぐに解消していくように人間の体は出来ています。

効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

↓↓不眠症改善サプリで不眠症の対策を試してみるならココ↓↓

不眠症解消

>>効果とコストを考慮した不眠症改善サプリはコチラから参照できます!<<

page top