不眠症は脳にある脳神経伝達物質の分布が関係している!

睡眠不足,脳,脳神経,神経伝達物質

不眠症には様々な要因が上げられますが、その中の一つの重要な問題として、脳神経の影響がります。

 

不眠症というのは、眠るべき時間、すなわち眠れる時間に眠れないから起こるものです。
脳には神経伝達物質が作用しており、

  • 起きている時に分泌される神経伝達物質
  • 眠るために分泌される神経伝達物質

とに分かれています。

起きているときと寝ているときのホルモンの違い

不眠症,脳,脳神経,神経伝達物質

日頃ストレスが多い状態が続くと、眠るときにも興奮状態が続いてしまいます。起きている時に分泌される神経伝達物質ばかりが分泌されます。そのため、眠れないという状態になってしまいます。

 

そして翌朝になると、今度は反動で眠りの神経伝達物質の分泌が増えてしまい日中に眠気に襲われるといった悪循環が発生してしまいます。

 

起きている時の神経伝達物質は、ドーパミンアドレナリンなどの活力あるホルモンです。
逆に眠るときに必要なのは、セロトニンなどの身体を休ませるホルモンです。

神経伝達物質のバランスを保つために

不眠症,脳,脳神経,神経伝達物質

それぞれの神経伝達物質を上手くバランスを保たせるためには、日中にウォーキングランニングなどをして身体を動かし、無理にでも起きている時の物質であるドーパミンやアドレナリンを出すことが重要です。

 

そうすれば、夜眠る時間にキチンと眠りのホルモンであるセロトニンが分泌されて、昼夜が逆転していた生活も改善されていきます。最初は辛くすぐに結果が出なくて必ず改善して行きますので努力して行きましょう!


効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

↓↓不眠症改善サプリで不眠症の対策を試してみるならココ↓↓

不眠症解消

>>効果とコストを考慮した不眠症改善サプリはコチラから参照できます!<<

不眠症の原因は脳内にある脳神経が関係! 不眠症と脳の関係記事一覧

クラチャイダム

貧血はよく耳にする言葉ですが、脳貧血はあまり聞きなれないと言う人も多いのではないでしょうか。脳貧血とは、脳に十分な血液が行き渡らなくなり血圧が低下して、一過性の脳循環不全になる症状を言います。急に立ち上がったりした時などによく発症するので、起立性低血圧と呼ばれるのが一般的です。主な症状としては、以下のような症状が見られます。頭痛嘔吐耳鳴りめまい冷や汗立ちくらみ失神意識がもうろうとするこうした症状が...

睡眠不足と脳波の関係

通常は、不眠症が原因となり死に至ることはありません。しかし不眠症は身体的に大きな負担となる事が多く、脳をはじめ様々な器官に不具合をもたらす要因となります。睡眠は一定時間とることで、心身の疲労は回復し、リフレッシュする事ができる重要なものです。しかしながら、この睡眠時間が著しく不足すると、脳内の疲労が回復されない状態になります。そうすると脳波が乱れたり、身体に備わっている免疫の機能が著しく低下してし...

睡眠不足,脳,脳梗塞,死亡

不眠症になってしまうと、特に全身の血管に対して負担をかけてしまうことになります。負担をかけられた血管は徐々に弱くなり、ダメージに対する抵抗が少なくなってしまいます。脳の場合は脳内への血流が悪くなってしまうと、脳梗塞の原因になってしまいます。脳梗塞になってしまう原因は、脳の血管に血栓が出来てしまうことが原因にあげられます。血栓は大きくなると、血液の流れを妨げるようになってしまいます。血栓が悪化してし...

睡眠不足,脳,脳細胞,ダメージ

不眠症は、脳内の疲労が回復できていない状態になっています。これは、脳内で発生した老廃物を除去することが出来ずに溜め込んでいる状態です。そのため、脳細胞にも大きなダメージを与える事になります。不眠症が続くと、集中力に大きな影響が出ることとなります。継続的な不眠症を起こしているようなケースでは、身体的な不具合が顕著になります。そのため、不眠症が原因となり、精神の安定性が乱れや身体に様々な不具合をもたら...

即日,カードローン,審査,融資

不眠症は脳波検査でも異常が見られる病気です。そのため最近では、不眠症による脳の脳波検査を行われる傾向になってきています。不眠症が長時間続くと脳波異常となりますが、脳波異常はなった人しかわからない程、つらいい症状です。脳波にも異常がでるという事は病的な範囲であると診断されます。又、脳波検査によっては異常な程、不眠症である事が判明します。脳波が常に異常な状態となっていると、起きている間も異常の状態です...