不眠症でレプチンが減り、肥満の原因になってしまう真実

不眠症,肥満,レプチン

肥満になる原因は食べ物を食べ過ぎてしまうからです。
なぜ、そんなに食べ物を摂取したくなるかを考えたことはありますか?

 

不眠症に悩んでいる方は、実は肥満にも悩んでいる方も多いのが事実です。

 

不眠症の状態が続くと、寝ている時間よりも起きている時間の方が長くなってしまいます。そのため、必然的に食べ物を多く摂り過ぎてしまい、太りやすくなってしまうということが原因の一つにに上げられます。
しかし実は、食欲が増してしまう原因には人間のホルモンと深い関係があるのです。

不眠症になると空腹感を感じるホルモンが増える

不眠症,肥満,レプチン

人間の食欲をコントロールするホルモンは2つあります。

  1. 空腹感を感じるグレリン
  2. 満腹感を感じるレプチン

 

これらのホルモンは、しっかりと睡眠を取り、規則正しい生活をしている時には正常に働きます。
一方、不眠症が続いてしまうと、空腹感を感じるグレリンが増え満腹感を感じるレプチンが減ってしまいます。

 

そのため、通常の食事を摂っていても満腹感の感じ方が鈍くなってしまい、結果的に食事を多く摂ってしまうことにつながります。

不眠症による肥満の危険性と睡眠の必要性

不眠症,肥満,レプチン

これだけでも、肥満の原因になってしまうのですが、もっと睡眠時間が短くなると危険なことが発生しはじめます。

 

それは不眠症になると、食事の嗜好がポテトチップスやスナック菓子のようなジャンクフードなどの甘い物を好むようになり、ますます太ってしまう要因になります。

 

これとは反対に、睡眠をしっかりとると、成長ホルモンがしっかり分泌されます。
この成長ホルモンがしっかり分泌されると、身体の脂肪の燃焼やエネルギーの消費を高めるのです。

 

これによって、肥満を防ぐことができるようになります。
しっかりした睡眠は、健康を維持していくために無くてはならないのがよくわかります。


効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

↓↓不眠症改善サプリで不眠症の対策を試してみるならココ↓↓

不眠症解消

>>効果とコストを考慮した不眠症改善サプリはコチラから参照できます!<<

<不眠症と食事・肥満>の関連記事

睡眠不足,肥満,原因,関係,影響

肥満になる原因は食べ物を食べ過ぎてしまうからです。なぜ、そんなに食べ物を摂取したくなるかを考えたことはありますか?不眠症に悩んでいる方は、実は肥満にも悩んでいる方も多いのが事実です。不眠症の状態が続くと、寝ている時間よりも起きている時間の方...

睡眠不足,食事,解消,生体リズム

不眠症は、持続的なストレスや不規則な生活などに起因する生体リズムの乱れが主な原因と言われています。そのため、不眠症の解消には生活習慣の改善とともに、ストレスの緩和や生体リズムを整える効果のある食べ物を、毎日の食事でしっかり摂ることが有効とい...

睡眠不足,食事抜き,食事制限

最近は健康ブームであり、ダイエットの経験もある人も多いのではないでしょうか?ダイエットの方法は人それぞれですが、共通して試されるのには食事制限があります。特に食事の回数を減らす食事抜きダイエット方法を行えば、最初は大きく体重が落ちていきます...